« 「飛越賢」時代の幕開け?? | トップページ | 久々、逗子的週末 »

2008年8月13日 (水曜日)

百聞は一味に如かず

昨日の夜、残業中に会社の後輩が、「けんさん、これ食べてみてください」と何やら得体のしれない代物をもってきたんです。

↓ご覧のような、少しつやつやした黒い物体。

よく見るとお魚さんをモチーフにしているのですが、真っ黒な魚ってどうなのよ?

感触は、ゴムのように弾力性のある感じ。

Img_1353

  

 

  

  

  

  

  

   

手にもって、口に入れようとした瞬間、まずその異様な匂いに、ちょっと待ったpaper!!

こんな匂い、人生45年も生きてきて、いまだかつて、嗅いだことのないよ。wobbly

なんといいましょうか、鼻にさすような薬品臭と言ったらいいのか・・・とにかく言葉では表現できない匂いなんです。

まぁ、人生はじめて嗅いだ匂いだから、表現のしようがないっていえば、ないんですけど。

もう匂いだけで、食べたいなんて気持ちはなくなったんだけど、ブログネタとして食べなきゃってことで、半分にちぎって、口に入れましたよcoldsweats01

  

食べた瞬間の感想?

「まずい、くさい、ありえない」 単純な表現でごめん。でもそれしか言い様がないんですもん。

とにかく、恐ろしくまずいんです、いや、ほんとに。しょっぱさと何かアンモニア系の薬品がまざりあったような・・・bomb

もんどりうって、口から吐き出しちゃいましたcrying

人間の食べ物と思えない、この代物、正体はこれ↓

Img_1346_3

  

  

   

  

   

   

   

   

   

  

  

   

   

   

  

   

「SALT SILL」 直訳すると「塩のにしん」

お魚さんの正体、「にしん」だったのね。

原産国はデンマーク。

一応、グミのようなものらしいですけど、欧米の方の味覚は理解できませんなdown

後輩が、最近関西地区初となる神戸に出来たIKEAで入手してきたらしい。

北欧人の間では、これが病みつきの味になっているらしいんだけど、日本人はまず無理でしょう。

みなさんも、IKEAに行く機会あれば、一度お試しあれ。百聞は一味にしかずですからね。

ちなみに、値段は一袋150円とお手ごろみたいだよ。

|

« 「飛越賢」時代の幕開け?? | トップページ | 久々、逗子的週末 »

どうでもいい自慢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502025/42152967

この記事へのトラックバック一覧です: 百聞は一味に如かず:

« 「飛越賢」時代の幕開け?? | トップページ | 久々、逗子的週末 »