« 参戦後記(初日)。 | トップページ | 1年周期。 »

2010年4月13日 (火曜日)

参戦後記(2日目)。

Rimg0688

マニューバラインチャレンジ2日目は、朝からあいにくの雨。おまけに湖は一面の霧が立ちこめてる始末。ってことで霧が晴れるまでまたまたウェイティング。雨は降ったり止んだり。お昼にお弁当食べたあたりから少しずつ霧が晴れ始めたけど、風のほうは一向に吹く気配ゼロ。あ〜琵琶湖まで来たのにウィンドせず仕舞いかよなんて思ってたら、なんか地元の方がいそいそと準備始めてるじゃありませんか。なんかトンビが風に乗って飛んでるからとか言って。えーホント???なんて、まったく信じるつもりもなかったんだけど、ちょっとずつ風が入り始めたんだわ、不思議なもんで。とはいっても、走れるギリギリの風速って感じで、とりあえずビギナークラスやって、スペシャル、オープンは一斉スタートのファンレースってアナウンスが。とりあえず手持ち最大NAISH GRANDPRIX8.8とiSONIC122を準備して待機かななんて思ってたら、あれよこれよと風のほう上がってきて、ついにこのお方が、両足水没しながらも出撃開始。レースのほうも予定通り1レースは消化するってことに。

Rimg0691

インサイドはひよひよだけど、ちょっと沖合いまでいけば、十分走れそう。よっしゃ、ビヨンと一緒に走るチャンスとばかり、こちらもちょい遅れで出撃。ホントは、すぐにでも出られたんだけど、吹きはじめると一気にあがるかもなんて噂聞いちゃったもんだから、念のため7.8もセットしてからだったもんで。結局無駄張りだったんだけど。

初琵琶湖はどんな感じだったっていうと、8.8ジャストアンダー。でもフラット海面で、超ロングプレーニング楽しめちゃって結構満足。ビヨンとも一度だけおんなじラインで走れたし、いい記念になったなぁ。一足先に出てたTobbyは、ビヨンとたくさん一緒に走れたみたいで、感激しまくってたわ。奇跡的な風に感謝っす。

Rimg0694

肝心のレースのほうはというとですね、ちょうどレースが始まるくらいに風落ちちゃって、苦手なノンプレーニングレースに。こうなちゃうと、太刀打ちできるわけもなく、ビリから数えたほうが早い順位で終了。まぁ、最初っからレースは二の次だったかんね、いいんだも〜んだ。ちなみにキッズの優勝賞品は、ボード!さすが、マニューバラインっす。

2日間、ほんの1時間ちょっとしか風吹かなかったのが、残念といや残念だったけど、それでも完プレ出来たし、和気あいあいとした楽しい大会で、琵琶湖まで行った甲斐ありました〜 ついでに言うと、ここのゲレンデ、湖のすぐ前まで車つけられるわ、泊まるところもすぐ目の前にあるわ、景色もいいわ、広々としれるわで、もうサイコー。どうやら秋口が吹くって話しなんで、9月の連休でも利用して合宿企画しちゃうつもり。

最後に、今回の大会企画してくれたマニューバラインさん、運営にご尽力いただいた地元のパイレーツハーバーさん、楽しい大会あざーす。またよろしくってことで、参戦後記はおしまい。ふー疲れた。

|

« 参戦後記(初日)。 | トップページ | 1年周期。 »

ウィンド自慢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502025/48081505

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦後記(2日目)。:

« 参戦後記(初日)。 | トップページ | 1年周期。 »