« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月19日 (木曜日)

新兵器投入。

相変わらず週一更新ペース。いつになったら落ち着くのやら。。

さてさて、一年ほど前に、購入したこちらのグルーミンググッズ。ゲットしてからというもの1週間に1回ペースで綺麗さっぱり、坊主頭のお手入れに愛用しとります。でも、こんなもんでも日進月歩の進化を遂げておりまして、こないだ売り場をのぞいてみたら、こんなんイサギよいパッケージの最新兵器が発売されてるもんだから、迷わずゲット!

Rimg0295

で、どこが進化したかと申しますと、まずパッケージ見れば一目瞭然のように、スキンヘッドが手軽に出来るようなアダプターが付属されてること、それから、カットする長さが1mmから可能になったこと(ちなみに、いままでのは3mm)、さらにさらに、水洗いができるようになったこと。

まだまだ髪の毛、残存しとりますからスキンヘッドにはするつもりは毛頭ございませんが、水洗いできるってところが、個人的には一番嬉しい進化でござんして。いままでのはお手入れするたんびに、洗面台に毛が散らばっちまって、掃除面倒だったのよね〜 まぁ、一般的な電気カミソリは、水洗いなんて当然できるご時世ですから、こっちも最初からそうしてくれりゃ良かったのにと思いますが。

というわけで、早速グルーミング。

Img_0531

こちら、2mmカット。もうほとんどスキンヘッドと変わらないかも!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水曜日)

情けな〜いスタート。

新年明けてから、まったくブログ更新してなかったわ〜 いまさらだけど、2012年初乗りの様子でも。

Img_0517_2

正月の三が日、2日だけオフショアそこそこ強めな予報。お昼過ぎぐらいに坂の下に行ってみると、予報に反して手持ち最大ぐらいかなって感じで、ちょい期待ハズレな感じ。てなわけで、TR7 8.4 PATRIK135 TALON46を準備しようとしてたんだけど、セイル広げた途端に、強めのブローが入ってくる。う〜ん、これなら7.6で十分かもってことで、セイルだけ取っ替えて、J58と一緒に出撃。ちなみに、J58は8.4。インサイドは風向きがコロコロ変わるし、ブローもガスティで超乗りにくい。なんとかアウトに出て、2012年一発目のプレーニングで、いっきに東サイドまで。ここまではよかったんだけど、戻ろうとした途端に、いきなり強烈ブローが炸裂し始めちまって、7.6完璧オーバー。ボードもデカすぎるしで、どうにもこうにもならん状態に。しばし格闘してたけど、乗って戻る気力も体力も無くなっちまって、なんとか浅瀬まで辿り着くのがやっと。結局、そこからトボトボと道具引きずって、帰る羽目に。
そのあとも、ブロー収まる気配ないから、6.6に張り替えてボードも110にチェンジして、再出撃。さすがに今度は、ジャストだったけど、シフティな風に翻弄されちまって、なんかまったく楽しめないまんまで、初乗りは終了。

新年早々、なんか情けな〜いスタート。やっぱ、ここんとこ乗り込んでないせいか、以前にも増してオーバーに弱くなってるような気がするし。2012年、この先が思いやられますわ〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日曜日)

新年のご挨拶。

Img_0504

ブログ読者の皆様、あけましておめでとうございます。

新年早々、いきなりお見苦しい写真ですいません(笑)2012年は、オーサカでクラブのカウントダウンパーティなんぞに顔出してたものですから。だいたい、わざわざこのためだけに、大晦日、クソ混んでる新幹線で舞い戻る気力と体力はいったいどこから?と自分でも思ってるわけですが、せっかく仲良くなったクィーンの皆様と新年を迎えてみるのも悪くは無いかと思った次第でございまして。

ちなみに写真の左は、すでにレギュラー番組を持つ、ダイアナ・エクストラバガンザさん、右は、ちょくちょくこのブログにも登場するナジャ・グランディーバ。クラブで新年迎えるのなんて、学生時代以来、20数年ぶり。めちゃめちゃの盛り上がりぶりで楽しかったな〜 調子乗って、何軒かハシゴしちゃったりしたもんだから、アジトに辿り着いたら、うっすら明るくなってるし。いったい何歳やねん!と、自分にツッコミいれときましたけどね。

さて、2012年もスタートしたわけで、去年後半は、ブログ更新だいぶサボっておりましたが、新年明けて、気分一新、なるべく小まめに書き綴るつもりでおりますので、今年もつまらん自慢話しにお付き合いくださいませ。

皆さんにとって、2012年が素晴らしい年になりますように。

さぁ、これから本宅へ帰還っす。にしても眠いわな〜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »