カテゴリー「映画自慢」の23件の投稿

2011年8月22日 (月曜日)

買っただけです。

Rimg0036
今週もオーサカ居残り。あ~いい加減思い切り海で遊びたいもんですの~
とはいえ、逗子は、こないだまでの猛暑&サーマルがすっかり影潜めたみたいだったから、帰ったら帰ったで欲求不満たまったんだろうけどね。

ちなみに、オーサカも天候不順の週末。気温はそんなに下がらなかったけど、昨日なんか雨は降ったりやんだり。あんまりお出掛け気分にもなれずで、家でダラダラと。あまりにヒマ過ぎるんで、映画でも観て時間つぶしすることにして、近所のヨドバシまでお出掛けして、こちらをゲット。

アジトに戻って、さっそく観ようと思ったら、DVDプレイヤー、電源入れてもうんともすんとも言わず。いつ死亡してたんだろ??ならば、代わりにMacで観ることにして、ソファに横になって観はじめたまではいんだけど、5分も持たずに今度は、自ら死亡。

せっかく海気分でも味わうと思ったんだけど、買っただけで終わっちまいました~

てなわけで、感想はまた近いうち。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水曜日)

お見事。

Crimediamondメジャーじゃないけど、隠れた名作って評判聞いたんで、借りてみたんだけど、面白かった~ 人情、お笑い、ロマンス、スリル満点のクライムサスペンスもんとしちゃ、秀逸でしょ。ストーリーもよく練られてて、テンポもいいから、あっという間にラストまで。で、そのラストも、こう来るかって感じで、パチパチパチ。お見事の一言ですわ。
まだ、観てないヒトには、おススメですっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金曜日)

ゾンビ愛。

Images1ゾンビものの金字塔といえばジョージAロメロの「ゾンビ(DAWN OF THE DEAD)」。よっぽどスプラッターが苦手って方は別として、一度はご覧になったことあるんじゃないかな。その「ゾンビ」への敬愛の念を込めて作られたのが、こちらの作品。会社の後輩がおススメっすっていうから、半信半疑で観るハメになったんだけど、これがなかなか見応えありました〜 ストーリーは、ダメダメ人間の主人公のショーンとその友達のエドが、いつのまにかゾンビだらけとなった街で、彼女や母親を助けるべくゾンビと戦うっていう単純そのもの。パロディ満載で、ありえね~だろ~なんてところもいっぱいあるんだけど、ゾンビの造詣とかストーリーはしっかりしてるし、最後のシーンなんかは、こう来るかって感じで、秀逸の作品。おっとBGMもサイコーだったな。ポチっとコレクションにいれちゃおうかなってぐらい面白かったっす。スプラッターシーン絶対ダメって方以外は、ぜしレンタルでもしてみてはいかがかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木曜日)

おさらい。

Rimg2610
いよいよ週末封切りですからね~ 昨日ポチっと。プライム会員なんかになってるもんだから、翌日配送無料なので~す。朝会社来てみると、届いてました。便利だわ~ 過去の作品とは監督も違うし、今回は一話完結っていうから、おさらいする意味ほとんど無いんだろうけど、気分盛り上げるためにも、早速今晩あたりから、観ようかな。

あとついでに、見逃してたんで、こいつもポチっと。こんなに観る時間あるんだろか・・
Rimg2611


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火曜日)

凡人の感想。

Unknownいま話題のこちらの映画、デヴィッドフィンチャーファンとしては、観とかんとってことで。言わずもがなだけど、世界最大のSNS「facebook」の若き創業者を主人公にした実話をもとに創造されたもの。とはいえ、ありきたりのサクセスストーリーとは正反対のアンチヒーロもん。裏切られた仲間からの訴訟をベースに、大成功の裏側にある裏切りとかエゴにスポットを当てて、どうやってfacebookが生まれたのか、いかに短期間の間に全世界に広がっていったのかってのを描いてます。実際にどこまでが真実かはわからんけど、成功者って往々にこんな性格してるんだろうなって思うから、主人公がそれほど悪者には見えなかったかな。主人公のマシンガントーク、おたくっぽいファッションとか細部までこだわりも感じられて、2時間あっという間。なかなか見応えありました〜まぁ、凡人の感想ですけどね〜
ちなみに、facebook登録はしてるけど、放置したまんま。凡人はブログ書くんで精一杯っす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木曜日)

砂漠に咲く花は重かった。

F0165567_62281
今週は、仕事初めってこともあって、のんびりムード。ヒマ持て余し気味だったんで、映画でも行こうかなって急に思い立ったのが、夕方5時過ぎ。慌ててググって、この宣伝画像に一目惚れして、行ってみようと思ったのが、6時過ぎ。映画は7時からでなんとかセーフ。

F0165567_54628791 F0165567_6136661

物語は、ソマリアの遊牧民出身のスーパーモデル、ワリスディリーの波乱万丈の半生をつづったもの。ワイス役の現役モデル、リヤ・ケベデ可愛いなぁとか、ところどころに出てくるアフリカの風景キレイだなぁとか、波乱万丈ぶりがすげぇなぁとかそれなりに見どころもあって、シンデレラストーリーとしても見ごたえあったけど、もうひとつこの映画には、とてもとてもおも~いテーマが。。。。

あまりに重すぎて醜すぎて、詳しく書きたくないけど、ワリス自身が幼少期に受けた儀式(FGM)によって、どれだけ傷つき、苦しんだのか、そして、トップモデルとして上りつめた彼女がそのことを公表して、自らFGM撲滅運動の先頭に立つっていうもの。エンディング近くの儀式のシーンは、さすがに観るのがきつかった。。FGMについて知りたいお方は、自分でググってみて。

男のボクでもいろいろ考えさせらちゃったけど、サクセスだけじゃない辛い経験も含めて、ワリスっていう女性の生きざまを描いた、なかなか秀逸な映画だったかも。ふぅ・・でも新年早々、ちょっと重かったわ。近々、ノリの軽い映画でも観ようっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木曜日)

なた。

B50a0499sひさびさに超ド級のB級アクション映画、楽しかったわ~ B級作らせたらタランティーノとともにトップに君臨すると崇拝してるロバート・ロドリゲスさんの最新作。

しょっぱなからの首チョンパ乱発、お色気シーンも随所にありーの、アクションシーンもベタベッタ、ありえねぇだろなんてシーンも山ほどあって、エロもグロもギャグもなんでもござれ、バカバカしさ満載って感じで、さすがとしかいいようがありません。

普段は脇役でしか出ないハリウッド一の不細工男、ダニーさんが初の主役。脇を固める男優陣が、これまた凄い。沈黙シリーズでお馴染のセガールさんが悪の主人公、元祖マイアミバイス、ドンジョンソン(わっかるかな~)も悪行の限りを尽くしちゃうし、大御所デニーロまでも登場しちゃうんだもん。女優陣も負けず劣らず、ゴールデンラズベリー賞常連のジェシカに、お騒がせ女優のリンジーも出演。

う~ん、このセンス、たまりませんな。にやにやしながら、飽きずに観られました~ 映画の最後に「殺しのマチェーテ」「続・殺しのマチェーテ」とこれまたおちょくったような予告してたから、楽しみ。

ロバート・ロドリゲスといえば、「デスぺラード」とか「フロム・ダスク・ティル・ドーン」「スパイキッズ」とかどれも大好きだけど、こちらもお気に入りの仲間入りさせときます。

そうそう、最後に映画館でパンフレット買おうとしたら、「作ってません」だってさ。ここらへんもB級感ありありって感じだったかも。

ちなみに、タイトル名は「鉈(なた)」のスペイン語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火曜日)

エビちゃんネタ。

モデルのエビちゃんって、やっぱ可愛いよね~とか、歌舞伎俳優のエビ様に似てるって言われて喜んでたら、髪型だけだったなんてオチネタでもなく、昨日アジトで観た映画のお話し。 

 

 

District9TVコマーシャルで気になってたんだけど、見逃してた作品。ついこないだの春先にロードショーしてたんじゃないかな。エイリアンが出てくるSF映画ってぐらいの知識だけで観はじめたんだけど、想像とまるで違ってびっくり。まぁ、一言で言えば、人種差別をテーマにした社会派SF映画ってところかな。しかも、舞台は、南アフリカのヨハネスブルグ、エイリアンが差別されちゃう側って設定ってところが、絶妙。これ以上書くとネタばれになるから、やめときますけど。

冒頭からしばらくは、ドキュメンタリータッチで淡々と話しを進めといての、終盤には派手なアクションと怒涛のB級スプラッターシーン満載。しかも、これ絶対続編ありでしょ的なエンディング。出てくる俳優も無名な人ばっかりだから、リアリティ増しちゃううえに、誰がヒーローになるのか終わるまでわかんないから、ついつい引き込まれちゃうし。

いやいや、やられたわぁぁ。今年一番オモシロい!と思えた傑作映画だったかも。。

ちなみに、映画の中で、エイリアンは人間から『エビ』と呼ばれてバカにされて、騙されたり、いじめにあったりするんだけど、あ~なんて人間っておぞましくって、強欲なんでしょ、ってつくづく考えさせられますよ、マジ。とにもかくにもおススメ度は、★★★★★。

何度でも観たくなりそうだから、あとでアマゾンでポチっとしとこっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火曜日)

不二子ちゃ~ん。

Imgfc666a8czik7zj_2なんやかんや言いつつも退会せず、1ヵ月2枚ぐらいのペースで借りてる んです、はい。で、一番最近観た映画がこれ。

7人の泥棒がチームを組んで、銀行から金の延べ棒を盗むっていう泥棒ムービー。映画始まった途端、古い~って感じで、失敗か?なんて思ったんだけど、二転三転する展開とか、いたるところにちりばめられたユーモアに、思わず引き込まれちゃって、おまけに、登場人物のファッションセンスとかは、さすがイタリア映画って感じで、オシャレ感覚満載だし、BGMのスキャットも最高にシュールで、1965年に制作されたとはいえ、十分楽しめる作品だったかな。でも、盗みの手口とかいろいろな仕掛けとか、あまりにインチキくさくって、思わず苦笑ってところも、たくさんありましたけどぉ。

そして何より、紅一点、ロッサナ・ポデスタって方が演じるジョルジアが超セクシー。奇抜でオシャレな衣装、髪型、これ観るだけでも十分価値ありかも。で、彼女の役回りがまたいいんだわ。ルパン3世の峰不二子ちゃんにそっくり。てか、これが元ネタになったみたいですけどね。まぁ、とにかくおススメっす。

ちなみに、続編が3つほどあるみたいなんで、みんな見ちゃおうと思っておりまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木曜日)

鉄人ファン。

Poster_ironman21久しぶりに劇場に足運んできました〜観たのはこれだけど。「1」観てなかなか面白かったのと、アメコミの実写版映画、な〜んも考えなくていいから暇つぶしにはもってこいだし、結構好きなんですわ。封切りされて1ヶ月以上ってことや、平日の夜ってこと差し引いてもお客さん、10人そこそこしかいなかったのは、ちょっと寂しかったけど。やっぱりアメコミは、ぽんにちでは受けないのかしらん。

で、映画のほうはというと、進化したパワードスーツの装着シーンとか男の子魂くすぐっちゃったし、ようやっと表舞台に戻ってきたミッキーロークさんの存在感もなかなかよかったし、「1」よりよかったかも。それにしても一回り大きくなったミッキーさんの悪エロ、なかなかマネできるもんじゃございませんな。あと、ミッキーさん以外にも、どんだけハリウッドの一流どころ出てんだろって感じのキャスティングにも、映画にかける本気度が伺えますわ。エンターテインメントの本場、アメリカだからなせる技なんでしょうけどね〜
ストーリーの中でもいろんな伏線張られてたし、エンディングロールの後の意味深なシーンもあったし、続編もまだまだありまっせって感じで、ちょっと楽しみっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)